相手をガッカリさせないために知っておこう!結婚祝いのお返しの選び方

箱

内祝いを上手に選ぼう

男性

絶対に外さない内祝いの定番商品

内祝い選びで悩んでいるなら、定番商品を選んでおけば安心です。消え物や名入れギフトなどの定番商品なら、誰が貰っても嬉しいからです。また、自由に選べるカタログギフトを選ぶという選択肢もあります。

READ MORE

結婚式用のプレゼントとして空気清浄機を選ぶ時のポイント

床面積をチェック

空気清浄機は、種類によって対応している床面積が異なります。相手の家や部屋の平米数を把握しているなら、その広さよりも少し広めに対応している物を選んだほうが良いです。広めのタイプのほうが、能力が効きやすく、使い勝手も良くなります。

加湿機能があるタイプを選ぶ

赤ちゃんや子供ができることを考えたら、加湿機能が付いているタイプを選んだほうが良いです。加湿機能があれば、冬場は風邪やインフルエンザの予防効果が期待できます。

型落ち番を選ぶ

能力やパワーが上がれば上がるほどその分金額は高くなります。高性能の空気清浄機をお得に購入するために、型落ち番を狙いましょう。能力やパワーにあまり違いがない製品でも、型落ち番になるだけで、半額以下になることもあります。

[PR]

結婚祝いのお返しは此方!
おめがねに合うものがある!

相手を喜ばせる結婚祝いのお返しとは

プレゼントを持つ人

金額の相場

内祝いは、元々身内のお祝いのことで、親類縁者や近所の人と喜びを分かち合うという意味があります。しかし現在では、結婚式や出産などでプレゼントを貰ったお返しとという意味で使われています。内祝いを贈る時に悩むのが、どれぐらいの金額の品を選べば良いのか、ということです。相場は「頂いたお祝いの3分の1から半額程度」となっています。

結婚祝いの場合

結婚式で引き出物を渡している場合は、その引き出物が内祝いに当たります。そのため後日お返しとして内祝いを贈る必要はありません。結婚式に招待していない人からプレゼントを貰ったり、引き出物がお返しとして不十分だったりする場合は内祝いを贈りましょう。内祝いは、プレゼントをもらってからなるべく早く贈るようにし、長くても1ヶ月以内には贈ったほうが良いです。

カタログギフトとは

内祝いの定番として使われているのが、「カタログギフト」です。カタログギフトとは、カタログに掲載されている商品の中から、好きなアイテムを自由に選べるというシステムのギフトです。カタログのバリエーションは非常に豊富で、2,500円~100,000円と金額別で選ぶことができます。雑貨やアクセサリーなどプレゼントの定番物だけではなく、エステや旅行などのアクティビティ体験もカタログギフトには含まれています。

カタログギフトのメリット

カタログギフトのメリットは、手間がかからないことです。内祝いを選ぶとなると、相手がどのような物が欲しいかしっかりと考える必要があります。しっかり考えたとしても、相手の好みの物じゃなかった場合はガッカリさせてしまいます。しかしカタログギフトなら、貰った側が好きな物を選べるので、相手をガッカリさせずに喜んでもらえます。

広告募集中